本文へスキップ

神奈川県相模原市の鍼灸院。橋本駅(京王線、横浜線、相模線)からバスで約10分。

【予約優先制】ご予約・お問い合わせはこちらTEL.042-774-2292

〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松1−11−2
予約の電話は8時半から18時半まで

よくある質問集FAQ

陰と陽ってなに?

東洋医学では、世界の全てのものや現象を陰と陽に分類して考える陰陽論というものがあります。

太陽や火は陽、月や水は陰。動的なものは陽で、静的なものは陰。男性は陽で、女性は陰。春夏は陽で、秋冬は陰。
病気も陰陽によって分類できます。熱が陽、寒(冷え)が陰、急性なものは陽、慢性なものは陰と分けます。

人間の中にも陰陽は存在し上半身や背中は陽で、下半身やお腹が陰となります。ただしこれは分ける対象によっても陰と陽は変化し、陽の上半身でも腹側は陰、背中側は陰というふうに変わります。陰と陽は絶対的ではなく相対的に変化するものなのです。

陰と陽は互いに関連し干渉しながらも、互いが互いの存在の前提になっているのでどちらか一方では存在できません。熱があるから寒があり、動があるから静があるのです。

病気の発生の根本は陰陽のバランスの失調です。治療の目的はバランスの崩れた陰陽を調節し、陰陽をバランスのとれた状態に戻すことが根本になってきます。陰陽論を用いて病気の状態を把握し、治療に繋げていくことがより良い治療効果を得るために必要になるのです。

→『鍼灸よくある質問集』へ戻る

相模原一番堂の鍼灸院ブログへ

相模原一番堂 水戸鍼灸院相模原一番堂水戸鍼灸院

〒252-0137
神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2
TEL・FAX 042-774-2292
予約の電話は8時半〜18時半の間で受け付けております。
駐車場あり(2台)。自転車は入り口脇に、ベビーカーは中にお願いします。