本文へスキップ

神奈川県相模原市の鍼灸院。橋本駅(京王線、横浜線、相模線)からバスで約10分。

【予約優先制】ご予約・お問い合わせはこちらTEL.042-774-2292

〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松1−11−2
予約の電話は8時半から18時半まで

よくある質問集FAQ

気・血・津液と言う考え方

東洋医学的にとても重要な用語です。3つとも体の中で作られ、体の中を巡ることで、私たちの身体の生命活動を支えている重要なものです。この3つの要素がバランスよく体の中を巡っていると、人体は健康で安定した状態ですが、バランスが崩れると、病気になります。逆に言うと、何か症状のある体と言うのは、この3つのどれか、もしくは複数に異常があるとも言えますし、その異常をどうやってもとある姿に戻すのかを考え行動していくのが鍼灸治療なのです。


  • 目には見えませんが、様々な作用を持つ、体を流れているエネルギーです。気は体の隅々まで行き渡り、行動する為のエネルギーを補充してくれています。気の過不足は肉体的な不調にももちろん関わりますが、精神的な不調も引き起こすことがあります。この見えないというのが東洋医学の思想を理解しにくいとしている理由の一つではあるのですが、見えないからと言って簡単に存在を否定してしまうのは勿体無いように思います。

  • 血液とほぼ同じようなものと考えて頂いて大丈夫です。栄養や熱を体の隅々まで届け、多いところからは熱を奪い、体温調節にも関わります。
  • 津液(しんえき)
    一般的な言葉で説明するならば、リンパ液のようなものです。汗や尿などの水分代謝や粘膜の分泌物、皮膚の潤いなどにも関わります。

気・血・水どれも流れることでその作用を十分に発揮します。流れている水は腐らず、流れが滞っている水が濁り腐ってしまうのと同じで、本来気・血・水は常に淀みなく流れ続けています。また、3つとも独立した作用ではなく、それぞれがバランスよく作用し合うことで調和が取れているのです。

気血水の生成と循環が順調ならば、人間が元々持っている自然治癒力が旺盛になり病気も治りやすい状態になります。私たち鍼灸師はそこを目指し治療を行っているのです。

→『鍼灸よくある質問集』へ戻る

相模原一番堂の鍼灸院ブログへ

相模原一番堂 水戸鍼灸院相模原一番堂水戸鍼灸院

〒252-0137
神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2
TEL・FAX 042-774-2292
予約の電話は8時半〜18時半の間で受け付けております。
駐車場あり(2台)。自転車は入り口脇に、ベビーカーは中にお願いします。