本文へスキップ

神奈川県相模原市の鍼灸院。橋本駅(京王線、横浜線、相模線)からバスで約10分。

【予約優先制】ご予約・お問い合わせはこちらTEL.042-774-2292

〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松1−11−2
予約の電話は8時半から18時半まで

よくある質問集FAQ

子供への鍼灸

小児鍼(しょうにはり)とは

字のごとく、子供にする鍼(はり)治療のことです。特に小さい子では、風邪を引いたりお腹を壊したりといった目に見える病気ばかりではなく、突然泣き叫ぶなど、病名が付いていないのに現れる症状があります。昔から、夜泣きを含め、キィキィと金属音で泣き叫んだり乱暴な行為をしたりすると「疳の虫が出ている」と言われますが、子供の風邪や皮膚炎、夜泣きなどは全て「疳の虫」と表現して構いません。
(大人の言う「腰痛」が、ぎっくり腰やヘルニア、すべり症などをひっくるめているのと同じ感覚だと思ってください。)

 「疳の虫」による症状は、身体の不調を言葉で表現できない子供たちが、それを周りに気付いて欲しいために発している信号ですから、早めに気付いてあげることが必要です。子供は成長が著しいことからもわかるように気が旺盛です。そのため、身体の不調が治っていくように鍼治療で自然治癒力を後押ししてあげれば短期間での治癒を期待できます。
 故に、「疳の虫」は鍼灸治療によって改善しやすい病気ということができます。ずっと元気でいて欲しい子供たちに、鍼治療はいかがでしょうか? ※「疳の虫」の治療は約10〜15分です。先の丸くなっている「刺さらないハリ」を用いて、身体にハリを刺すことなく治療をしていきます。チョンチョンとハリが触れる程度の刺激であり、子供さんがくすぐったがっているうちに治療は終了します。
詳しくは鍼灸師にお尋ね下さい。
また、ベビーカーも院内に置くことができますので、安心してご来院下さい。お荷物が多くベビーカーを持ち上げるのが大変な方は先に、院内に声をかけて頂ければ、お手伝い致しますので、お気軽にご相談ください。

→『鍼灸よくある質問集』へ戻る

相模原一番堂の鍼灸院ブログへ

相模原一番堂 水戸鍼灸院相模原一番堂水戸鍼灸院

〒252-0137
神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2
TEL・FAX 042-774-2292
予約の電話は8時半〜18時半の間で受け付けております。
駐車場あり(2台)。自転車は入り口脇に、ベビーカーは中にお願いします。